横浜市立末吉小学校にて出前授業を行いました。

2020/03/01 23:34 に UDコミッショナーズ が投稿
横浜市立末吉小学校にて出前授業を行う様子

日時:2020年2月10日 月曜日 5~6時間目
対象:4年生3クラス(115名)
場所:体育館

講師:高橋純也

授業内容
・思い込みに気付ける講話
・触って考える視覚障がい者疑似体験
・想像力を働かせるワーク

<活動レポート 高橋記>
神奈川県内の小学校はGRIC創立年度以来で久しぶりです。
最寄り駅からバスに乗り、閑静な住宅街の中にある学校でした。

体育館は広いので、子どもたちとの距離感が遠くなってしまうことがあります。
でも今回は近くで聞いてもらえたので、
子どもたちをより身近に感じることができました♪
私「私は点字ができません。」
子どもたち「・・・え~?」
私「ここから目をつぶって、教室に帰れますか?」
子どもたち「できる~!!無理~!!」
みんな元気ですが、埋もれてしまいそうな小さな声も結構拾うことができましたよ♪

質問コーナーも前後半で2回取ることができ、
盛り上がりました。
「ご飯はどうやって食べるんですか?」
「一番困っていることは何ですか?」
「なんで眼鏡かけてるんですか?」
「メールはどうやって読むんですか?」
「目が見えなくなってから、一番楽しかったことは何ですか?」
子どもたちとの会話はつきません♪

今回は休み時間がなかったので、
授業後にブラインドサッカーボールや触腕時計を触ってもらう時間を設けました。
この時計はどうやって読むのか質問を受けたり、
ボールで思い思いに遊んでいる子もいましたよ。
Comments