習志野市立実花小学校にて出前授業を行いました。

2019/03/07 20:33 に UDコミッショナーズ が投稿
習志野市立実花小学校にて出前授業を行うようす

日時:2019年3月5日 火曜日 3~4時間目
対象:3年生3クラス(102名)
場所:オープンスペース

講師:高橋純也

授業内容
・思い込みに気付ける講話
・触って考える視覚障がい者疑似体験
・想像力を働かせるワーク

<活動レポート 高橋記>

2年前にもご依頼いただいた学校です。
当時3年生だった現在5年生の子が、私のことを覚えていてくれました。
うれしかったです。

今回も3年生ということで、みんな元気いっぱいです。
「一人で電車に乗って出かけます。」と言うと、「どうやって~?」
「パソコン使って仕事してます。」と言うと、「どうやって~?」
「買い物します。」と言うと、「どうやって~?」
私が話すたびに疑問の嵐です。
質問コーナーも前半と後半で設け、
ひたすらみんなと会話しました。
・トイレはどうやって流すんですか?
・服はどうやって着るんですか?
・御飯はどうやって食べるんですか?
・スマフォは1回タップすると決定してしまうけど、音声でいったいどうやって使ってるんですか?
1つ1つ回答して、みんな納得してくれましたよ♪

小銭を種類別にセットできる小銭入れで、
「これがあると目が見える人より私の方がお金出すの早いですよ。」という話をすると
「おお~。」という歓声とともに拍手が起きました。
「眼が見えるか見えないか、ということじゃないんだな~。」
そんな声が子どもたちの中から聞こえました。
視覚障がい者に対する思い込みが外れた瞬間です♪

学校のご厚意で、みんなと一緒に給食をいただきました。
私が給食を食べているのをみて、前の席の子が「見えてる人と変わらないな~。」とつぶやくのが聞こえました。
素直にそう思ってくれたことがうれしいです。
あとは、子供たちとじゃんけんしたり、指相撲したり、
楽しい時間を過ごしました♪
Comments