八王子市立第四小学校にて、出前授業を行いました。

2016/10/31 22:51 に コミッショナーズ UD が投稿   [ 2016/11/04 2:04 に更新しました ]
八王子市立第四小学校にてユニバーサルデザイン出前授業を実施しているようす

日時:2016年10月12日 水曜日 2時間目
対象:4年生2クラス(56名)
場所:体育館
講師:高橋
ファシリテーター:実利用者研究機構 岡村

授業内容:
(1)思い込みに気付ける講話
(2)「できる」に気付ける疑似体験

<活動レポート 高橋記>

今年の2月にも出前授業を行っている学校です。
1時間目に岡村さんがユニバーサルデザインの出前授業を行い、
2時間目に高橋がGRICの出前授業を行いました。

とても元気な子供たちは、岡村さんの「目が見えなくてできること、できないことはなんだろう?」という問いかけに、
われ先にと競って応えてくれました。
「ごはんが食べられない。」
「出かけられない。」
「スポーツできない。」など。

できることは1つも出てきませんでした。
しかし、私が普段から一人で買い物してます、電車に乗ってどこでも行きます、掃除や片付けもやります、と言うと、
「え~?!」という驚きの声が!
できることが思いつかなかっただけに、驚きの大きさはかなりのものだったと思います。
私が買い物について、「商品を選ぶ時」、「レジへ向かう時」、「支払の時」のことを解説すると、
なるほどという感じに納得してくれたようです。

今回は、できないとかんがえるのではなく、どうすればできるのかを考える、ということを伝えていく中で、
岡村さんとの掛け合いトークで盛り上がりました。
目が見えないからできないとあきらめるのではなく、どうすればできるんだろうということを考えたので、
私は富士登山やマラソン、ロッククライミングをやっていますという話をしたところ、
「おお~!!」という歓声が!
みんな興味津々です。

授業後にある子供からこんなことを言われました。
「高橋さんは本当は見えてるんじゃないんですか?
こういった言葉が出た時、私は相手との距離がほとんどなくなっていることを感じます。
同じ人間として、子供たちとの良い関係性が築けたのではないかと思いました。

Comments